*

東洋医学が求められる理由

公開日: : 最終更新日:2015/05/23 新着情報

 現在、病院で主に施されている薬物、化学治療、外科療法、物理療法などがガン、心疾患、脳血管疾患、糖尿病などの生活習慣病に対して、それほど治療効果を上げられないことにあります。これは今の医療が、表面的な治療をする対症療法でしかなく、病気の根本的な治療がなされていないということに起因するものです。また、アレルギー、自己免疫不全、新型の原因不明の疾病の増加、エイズや鳥インフルエンザなどの問題、抗生物質の耐性菌の問題などなど、対症療法の現代医学だけではもはや限界にきているという不安があります。

これらの問題解決には、ヒト本来が持っている自然治癒力(=免疫力)抜きに語ることはできません。

これからの健康増進には予防医学を必要としています。病気を治す力、病気に立ち向かう力を、私たちヒトは皆持っています。その免疫力を高め、強くしていけるのが鍼灸という治療法であり、治療家の役割なのです。

関連記事

ブラッシュアップ会議

ホームページブラッシュアップ会議開催しました!

2015年5月21日、丸井庵で会議を開きました。いいホームページにしたいと思います。 ブラッ...

記事を読む

基本情報

基本情報 東洋医学が求められる理由  現在、病院で主に施されている薬物、化学治療、外科療...

記事を読む

針治療

施術の種類

施術の種類 鍼(鍼治療)  鍼(はり)は、皮膚、筋、筋膜など身体の特定の点(経路経穴など...

記事を読む

    • のべおか市民活動支援サイト
    • まるいあん
    • 一般社団法人宮崎県マッサージ師会
  • fightIMG