*

基本情報

基本情報
鍼治療をする女性

東洋医学が求められる理由

 現在、病院で主に施されている薬物、化学治療、外科療法、物理療法などがガン、心疾患、脳血管疾患、糖尿病などの生活習慣病に対して、それほど治療効果を上げられないことにあります。
 これは今の医療が、表面的な治療をする対症療法でしかなく、病気の根本的な治療がなされていないということに起因するものです。
 また、アレルギー、自己免疫不全、新型の原因不明の疾病の増加、エイズや鳥インフルエンザなどの問題、抗生物質の耐性菌の問題などなど、対症療法の現代医学だけではもはや限界にきているという不安があります。
 これらの問題解決には、ヒト本来が持っている自然治癒力(=免疫力)抜きに語ることはできません。
 これからの健康増進には予防医学を必要としています。病気を治す力、病気に立ち向かう力を、私たちヒトは皆持っています。その免疫力を高め、強くしていけるのが鍼灸という治療法であり、治療家の役割なのです。

地域医療と鍼灸師

 延岡市の高齢化は進む一方です。その中でも北浦、北川、北方地区では、病気があっても近くに病院がなく、病院があっても交通手段がなく、再々治療に行くのが困難な状況で、慢性疼痛と闘っているのが現状です。
 そこで注目されるのが鍼灸師です。高額な医療機器がなくても治療が可能な上に、道具で治療することができ、往診で患者の足となり、地域医療に好都合です。
 そのためには医師と鍼灸師が思いを同じくして、連携し、統合医療として地域医療に貢献できれば、さらなる健康増進につながるでしょう。

こんな症状に

 鍼灸といえば、肩こり、腰痛と思われがちですが、その他の病気や症状にも様々な効果を発揮できます。
 最も基本となる考え方が、気・血・水のバランスがくずれると、身体の不調が起こりやすいということです。
 さらに気・血・水だけでなく、体中をめぐる経絡や経穴を使って、一人ひとりの患者さんに合わせて治療を行うのが、鍼灸治療の特徴です。

トップページ
メイン画像

 鍼灸やマッサージ・指圧・あん摩の基本的な治療指針です。まだ病気になっていない人に治療を施し、病を発生させないようにする事です。
 鍼灸マッサージは、一般治療技術の中で唯一、厚生労働大臣免許です。医療として認められている技術です。ですからみだりに一般の方が行う事を禁じて、免許制を引いてあるのです。
 効果が強いので、場合によっては、医療過誤を起こす場合もあります。
 どんな症状に、どんな場合に利用したらよいか、専門家を派遣して、講演を行っています。(社会教育センターの出前講座など)

    • のべおか市民活動支援サイト
    • まるいあん
    • 一般社団法人宮崎県マッサージ師会
  • fightIMG